スポンサードリンク

2008年06月24日

妊娠中の薬の服用は?

妊娠中、市販薬を飲むのは大丈夫?

市販されている風邪薬、鎮痛薬などで影響が出ることはあまりないとは言われて
いますが、あまり過信せずまずは、医師へのご相談が一番だと思います。妊婦さんに投与して安全
が確かめられている薬を処方し手くれるはずです。

また、妊娠中に使える抗生物質・外用薬等は、抗生物質として、セフェム系、ペニシリン系が上げ
られています。
 
それによって、胎児の奇形率が上がるということはありません。
ただ、妊娠週数によって胎児に対する影響が違いますので、他科を受診して出された薬も、売薬も
、念の為主治医に相談してから使うようにするのが一番だと思います。


また、外用薬は、ステロイドの入っているものも含めて、胎児への影響はきわめて少ないと考えて
良いでしょう。気にしないで、使っても大丈夫です。

また、痛み止めも同様に、妊娠中は妊婦さん用の鎮痛剤に変えましょう。
【関連する記事】
posted by mizuki at 08:49| Comment(0) | 妊娠中 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。